どうも。冨山田と申します。

私の環境。


私は一様高校3年なのですが、たまに大学の講義を受けることになっているよくわからない感じのカリキュラムを受けております。
そこで前期、後期の半分の講義を受けて高校とは違う点が多々あるな。と思いこちらに記載させていただきます。
そのためこれは高校生から見た大学生活の実情的なものになるでしょう。

大学とは。


学者

大学とは研究機関です。様々な事象を学生という人手を使って、研究する機関であると私は考えています。
大学に来る方は、高校や専門学校から進学して来る方が殆どだと思います。
そのため大学が今までと同じような教育機関であると認識してしまう問題があるのです。
教育機関でもないのに、自分から教えて貰いに行こうと思って行ってもまず相手にされないのが大学ではないかと思います。
教授は自分の研究に精一杯で、学生なんてネズミとしか思っていない人も結構いますしね。
そのため自分からその人達に追いついて同レベルの話をしようとする意欲を持たせてくれる環境が"学生から見た大学"というものなのではないかと考えています。

じゃあ勉強だけ?


大学

そう考えると大学では勉強だけすれば良いのか。という結論になるかもしれませんがそれは短絡的なのかなとも思います。
大学生はこれまで生きてきた中で多くの人が、かなり時間に余裕があることに気づくと思います。
私が関わった大学生でもこの時間をどのように使ってきたかで、かなり印象の違う人がたくさんいました。
ほとんど何もしていないような人は高校のまま。バイトに多く通っている方は社会的(社交的とはまた違う。)。サークルに没頭してる人は内向的。訳の分からないことをしてる人は訳が分からない。笑
と様々です。これ以外にもたくさんの特性を大学で得ただろうなと感じる人はたくさんいます。
しかし問題なのは最初の「ほとんど何もしていないような人は高校のまま。」って言う人ですね。結構います。
私は一様単位もAやA^+などで取れているため問題ないのですが、その人達は「範囲指定されてないからできなかった」とか「そんなこと教科書に載ってない」とか言うんですよね。
どうも教科書や教授(彼らにとっては先生)がすべてみたいな感じで捉えてるんですよ。
悩ましいものです。(高校生が言えることなのか。)

大学へ行く意義。


大学は就職を良くするために行く。ってよく高校生が言いますよね。
もしそんな風に思ってる受験生がいらっしゃいましたら、いますぐ考えを変えたほうが良いと思いますね。
もちろんその考えに私も賛同します。しかしそれを第一目的に持ってきた暁には全く楽しくない大学生活が待っているのではないかと思います。
少なくとも自分はこんなことがしたいから○○大学に行きたいとか、そんなことを思っておいたほうが入ってからの学習のモチベーションも上がると思いますよ。
大学はディズニーランドとなんら変わらないところなんですよ。値段的にね。そう考えるとその大学につまらないと思っていくのはよろしく無いのではないのでしょうかね。
大学=楽しいところ=興味を深めるところ とまで思えればいいんですけどね。
多分私は遊びほうけそうで心配になっています。笑