Think まいせるふ。移転しました

ガジェットの話題もですが、大学のことやバイクなどのことも話していくブログ。 Wordpressに移転しました。http://rikenotwgt.com/

カテゴリ: ガジェット関係

どうも。冨山田と申します。

動画内容


今回の動画は、windows10 mobileがおそらく11月にリリースされるだろうとのことで、事前にその内容を確認しておこうという話です。
[embed]https://www.youtube.com/watch?v=JtpoMIIHgKA[/embed]

参入各社紹介。


マウスコンピュータ


まずは先人を切ってwindowsphone を日本に呼び戻した、マウスコンピュータさん。
おそらくはMADOSMAをアップデートすることでWindows10 mobileに対応するんじゃないですかね。
まだ新機種や後継機種の話は出てきていませんし。現状判明しているスペックは以下の通りとなております。
MADOSMA
メーカーマウスコンピューター
SoCMSM8916 クアッドコア 1.2GHz
ram1GB
ストレージ内蔵:8GB microsdxcカード対応
ディスプレイ5インチ HDディスプレイ
カメラ前面:200万画素 背面:800万画素
バッテリ2300mAh
サイズ・重量142.8×70.4×8.4mm・125g
対応周波数W-CDMA:BAND1,8,19,6 LTE:BAND1,3,19
値段オープン価格(直販価格33,800円)

コストパフォーマンス的な問題で他機種には大きく劣ってしまいましたね。早く新世代機を出していただきたいものです。と言ってもそこまで問題がない機種ですのでいい感じです。

FREETEL


今回の日本Windows10 mobile対応端末メーカーの大本命FREETEL。
こちらはエントリークラスのKATANA01とミドルレンジのKATANA02を販売する予定。
現状判明している各端末のスペックは以下の通り。
KATANA01
メーカーFREETEL
SoCクアッドコア(Snapdragon410?)
ram1GB
ストレージ内蔵:8GB microsdカード対応
ディスプレイ4.5インチ FWVGAディスプレイ
カメラ前面:200万画素 背面:500万画素
バッテリ1700mAh
サイズ・重量不明
対応周波数GSM:850,900,1800,1900MHz W-CDMA:BAND1,6,8,19 LTE:BAND1,3,8,19
値段19800円(税別)
KATANA02
メーカーFREETEL
SoCクアッドコア(Snapdragon210?)
ram2GB
ストレージ16GB microsdカード対応
ディスプレイ5インチ HDディスプレイ
カメラ前面:200万画素 背面:800万画素
バッテリ2600mAh
サイズ・重量不明
対応周波数GSM:850,900,1800,1900MHz W-CDMA:BAND1,6,8,19 LTE:BAND1,3,8,19
値段29800円(税抜き)

SoCに関する情報はこちらのサイトがソースとなっております。
プラスワン・マーケティング、FREETEL新製品発表会にてWindows 10 Mobileスマホ「KATANA 02」の実機を触れる状態で初展示!写真でチェック【レポート】
...いや。悪くないんだよ。公式サイトがリークしてきた情報だけ見れば、十分いい感じの仕上がりになっているとは思うはずだ。
しかし問題は隠されていたSoCのところ。おそらくはミドルレンジのKATANA02がsnapdragon410、エントリークラスのKATANA01がsnapdragon210と多くの人は予測していたのではないだろうか。
しかしFREETELはこれを全く逆にしようとしているらしい。エントリークラスのほうがミドルレンジよりもいいSoCを積んでいるとなると、何か納得行かないものがある。
まだ正式なリークではないものの、ほぼ決定してはいるようなので、悲しい話だ。せっかくのram2GBが薄れてしまうほどの悲報でした。

サードウェーブデジノス(ドスパラ)


個人的に1番実用的かつ、値段が良さそうなのがサードウェーブさんのDG-W10Mです。
リーク情報は少ないですが今年中には出す予定だそうです。
DG-W10
メーカーサードウェーブデジノス
SoCSnapdragon系 クアッドコア
ram1GB
ストレージ内蔵:16GB microsdカード対応
ディスプレイ5インチ HDディスプレイ
カメラ前面:200万画素 背面:800万画素
バッテリ不明
サイズ・重量不明
対応周波数W-CDMA:BAND 1,5,6,9,19 LTE: BAND1,3,5,19
値段1万円台(SMAXさんより参照)

基本企業向けに作っているようですが、背面カバーが三色同梱、でこのスペックは結構期待できます。
しかしやっぱりSoCは非公開です。何なんですかね。SoC非公開が流行っているのかな。もしこちらにsnapdragon410が搭載されていたらかなりの有料株だと思いますよ。
スペック的にもバランスが取れており、遅延もないでしょう。Lumia 640とにているスペックも問題ないぞって後押ししてくれている感じです。

NuAns(トリニティ)


さあ。来たぞ。Windows10 mobileのダークホース。
全く正体がつかめないこの企業。基本的にはiPhone用アクセサリを作成している会社だそうです。デザインが秀逸でいい感じですね。iPhoneは苦手なのでちょっと知りませんでした。
この会社はNEOという端末を販売予定です。
全くスペックは判明してませんが、大きさや見た目は判明しています。
この会社の担当者さんによると「デジタルデバイスが生活の中心にきており、それに見合うかっこいいものを追求した。ただ、見た目だけをこだわったわけではない」(Engadgetさんより参考)だそうなので、期待できます。でもちょっとお高めになりそうですよね。これがリーズナブルな価格だといいんですがね。
大きさ的にはxperia acro hd と同じくらいの厚さと形を持っていそうです。あの形は持ちやすいんですよね。
ゴム系の素材と木の素材の背面はかなりいいですね。渋めの色で決めたいですね。オリーブ+ダークブラウンとかほしいです。

acer


・11/5日更新
ちょっと驚いたのがacer。
販売端末は明示してきていませんが、あまりハイスペックなスマホを作ってこなかったacerがcontinuumも搭載して、Snapdragon808を搭載した機種を全世界向けに発表したところから日本にも同様の端末を入れて来るのではないかと予想しています。
acerは結構実績があるので、ロー、ミドル、ハイすべてのレンジを展開していただければとても好印象ですね。
とにかくハイエンドモデルには期待です。

vaio


はい。かませ犬。自分たちで作るって言ってますけど、本当にそんな風にするのかが疑わしいところ。
PCみたいに別にそこまで高スペックじゃなくていいです。高スペックはacerとMSで十分なので。どうせvaio得意のボッタクリ価格でしょうし。
この前のエルーガクローンに乗っけれるようにチューニングでもしてはいかがですかね。少しは購入された方を追悼できると思うよ。
反省してちゃんとしたものを作ってくれたら嬉しい思っていますが、過度な期待は禁物。

番外編


ジェネシスホールディングス


MSのパートナー発表会の際には発表されていなかった会社です。発表端末名はWPJ40-10BK/WHです。
その後にライセンス契約を結んだのかどうかはわかりませんが、ネオスと共同開発とのことで、15年末を目指してリリースする予定だそうです。スペックは以下の通り。
WPJ40-10
メーカージェネシスホールディングス
SoCクアッドコア
ram1GB
ストレージ内蔵:8GB microsd対応不明
ディスプレイ4インチ 800px*480px
カメラ前面:200万画素 背面:500万画素
バッテリ不明
サイズ・重量不明
対応周波数不明
値段12800円(税抜き)

いい感じに丸めてきたかなと思いますね。スペックだけ見ると悪くないのですがベゼルが大きすぎる点とデザインのダサさが目立ちます。
しかし販売価格が12800円(税抜き)なので お試しで使いたい方やそこまでお金をかけたくない方にはおすすめの機種です。
またこの端末の特徴として、ネオスが開発した法人向けクラウドサービス「SMARTアドレス帳」を搭載していることですね。この機能は大量の顧客連絡先や社内アドレスデータをクラウド経由でいつでもアクセスすることが可能とのことで、法人向けには確実に良い選択肢になるでしょうね。導入コストも少ないですし。
そして4インチとのことでいい感じの大きさになっているのではないでしょうか。カラーも多いですし。

MicroSoft


Windows10 mobileリリース元のMS。nokiaを買収したので現状lumiaはもうMSの端末として考えます。
ここはLumia 950 / 950 xlを発表しましたが、日本に導入するかは不明とのこと。
まあこれだけパートナーを作ったのにlumiaがそれらを食べてしまってはいけないからでしょうね。少し悲しい。
しかしこの端末はフラグシップモデルなので、そこまでのお金は出せません...
とのことで調べていると、新品の場合Lumia 640 xl、中古ではlumia 930 / 1520がいい感じですね。
これら全部が2万円台ほどでとどまってるため買いやすいです。しかも全機種Windows10 mobileにアップデート可能です。
640xlは日本で販売している他端末とあまり変わらないスペックですね。でもディスプレイサイズとカメラ性能だけはそれらの中では断トツです。
で意外いいのが中古の930 / 1520です。こいつは昔のフラグシップモデルなのですが、まだまだ現役で使える上値段が安いとのことでおすすめですね。

特に1520は6インチファブレットでFull HDなのでたくさんの動画コンテンツや画像を楽しめそうでほしいですね。

・11/5更新 Lumia1520はWindows10 mobileのアップデート非対応とのこと。
しかしこれらの端末の問題は技適法に適応していないので、堂々と使用できないことが悩ましいことです。
早く技適法を改正していただきたいものです。

・11/12更新 Lumia1520のWindows10 mobileはアップデート対応とのこと。しかし即アップデートではないので注意してください。

気になること


windowsphoneは今までOEM生産を行おうとしても、要求スペックが高かったためどうしても少なかったのですがWindows10 mobileを出すにあたって大きく改定されたようですね。
そのおかげで日本の割りと小さな企業であっても出せるようになって、隙間産業を埋めようとしているわけですが中国が未だそこまで大きな動きを見せていないことが怖いですね。
様々な山寨機がきちんとした内容・品質で商品をリリースしている今 、なかなかwindows10 mobile搭載スマホを開発しているという情報を聞いたことがないんですよね。
中国のニュースであってもそのような報道はないですし、出ないんですかね。
個人的にはsnapdragon600台搭載機を2万円ぐらいで出せる中国が参入してくれれば、確実にwindowsphoneは牛耳れるでしょうに。
ああもったいない。


こんにちは。冨山田と申します。

本日は別枠で配信を行っていたのですが、音声トラブルで全く聞き取れない無残な状況になっていました。(泣)

そのため二回目の話をしようとおもったのですが、今回はガジェットの話のみに絞って進めていきました。次回は本日のはじめのような形で進めていこうかなと思います。


動画説明



今回は先に記載したとおり二回目の投稿です。基本的には最新のニュースを取り上げてどのように感じたかをお伝えしています。

毎回様々なジャンルの問題やニュースを取り上げていくのもいいと思いますが、最初にその日のトップニュースを伝えてその後各ジャンルの話を曜日ごとに分けてやっていきましょうかね。

主内容


動画内容といたしましては、最近出てきた大型スマホの話題が多いですね。

最近話題になっている、FREETELの極や、中国の乐1sや 蓝魔MOS 1を取り上げて話しましたね。

こんな感じである一つの事象のみを話せるようにもう少し最初から準備すべきかもしれませんね。

副内容


最初に嘆いていますが、それはもう無視して頂いて構いません。

メガドライブは懐かしいですね。小学1年生の時にお出かけした時によくやらせてもらっていました。

ソニックをスーパーマリオブラザーズと同じ要領でやろうとして、全く操作になれなかったことがとても印象に残っています。

あとgoogleのandroidとchromeの統一化や、アラート機能のこと、無重力体験、windowsphoneはアプリよりもサードパーティー製のアクセサリが少ないことなどを話しておりました。

本日の雑談


今日はハロウィンでしたね。私の周辺では一切そんな感じ無かったですが、皆さんいかがでしたか?

ちょっと前にはUSJに行って仮装パーティするって人いましたけど、当日になるとめっきり消えてしまいますね。やっぱり学校に通っていると休日以外そんな感じなんですかね。

自分で仮装買えるようになったら、コスプレしたいですね。もうハロウィンと関係無いですけど笑

このページのトップヘ